板チョコ【Illustrator素材】


さぁ、はじめよう!!

印刷物やWebデザインを制作するときの「ヒント」になるかもしれない、llustratorを使用した素材の描き方をご紹介していきます。

 

⦿ SPARK-Aの制作環境

OS:Windows 10 (Mac OS Sierra)
Illustrator バージョン:CC 2017

 

スポンサーリンク

Are you ready?

 

⦿ 板チョコの描き方

スイーツやバレンタインなどのデザインに使える素材。

 

⦿ 1欠片

 1. 
長方形ツールを選択し、アートボード上のどこでもいいのでクリックし、「ダイアログボックス」を表示する。

▲クリックすると画像拡大

 

 2. 
幅を「21㎜(60pt)」、高さを「10㎜(28pt)」に設定し、OKボタンをクリックすると、長方形のオブジェクトが作成される。

 

 3. 
塗りと線を「茶(好みの色)」、線幅を「3㎜(8pt)」に設定する。

 

▲クリックすると画像拡大

 

 参考色 

#762E05

ココアブラウン cocoa brown
カカオの種子から作られる飲料ココアの濃い茶色
CMYK:0.70.80.65
RGB:118.46.5

#6C3424

チョコレート chocolate
CMYK:0.60.55.70
RGB:108.52.36

#FBF2D5

ホワイトチョコレート white chocolate
CMYK:4.7.21.0
RGB:251.242.213

#F8E2E9

イチゴチョコレート strawberry chocolate
CMYK:3.16.4.0
RGB:248.226.233

#9AB352

抹茶チョコレート matcha chocolate
CMYK:48.20.80.0
RGB:154.179.82

 

 4. 

「3.」のオブジェクトを背面にコピペ(Windows:Ctrl + C ▷ Ctrl + B / Mac:⌘ + C ▷ ⌘ + B)して、もう1つ複製する。

▲クリックすると画像拡大

 

 5. 
オブジェクトを1つ選択してある状態で、効果 > パス > パスのオフセットの順にクリックし、ダイアログボックスを表示する。

▲クリックすると画像拡大

 

 6. 
オフセットを「2.5㎜(7pt)」、角の形状を「マイター」、 角の比率を「4」に設定し、OKボタンをクリック。

▲クリックすると画像拡大

 

 7. 
そのままオブジェクトが選択されている状態で、塗りを「なし」にする。

▲クリックすると画像拡大

 

 8. 
もう1つオブジェクトが選択し、効果 > パス > パスのオフセットの順にクリックし、ダイアログボックスを表示する。

▲クリックすると画像拡大

 

 9. 
オフセットを「-2.5㎜(-7pt)」、角の形状を「マイター」、 角の比率を「4」に設定し、OKボタンをクリック。

▲クリックすると画像拡大

 

 10. 
そのままオブジェクトが選択されている状態で、線を「なし」にする。

▲クリックすると画像拡大

 

※ この時、「7.」と「10.」の2つのオブジェクトを「グループ化(Windows:Ctfl + G / Mac:⌘ + G)」しておくと、このあとの作業がやりやすくなる。

 

 11. 
オブジェクトが選択されている状態で、効果 > 3D > 押し出し・ベベルの順にクリック、ダイアログボックスを表示する。

 

▲クリックすると画像拡大

 

 12. 
位置を「前面」、押し出しの奥行きを「20pt」、ベベルを「曲面」、高さを「5pt」に設定。

 

▲クリックすると画像拡大

 

 13. 

さらに、下部にある「詳細オプション」をクリックし、プルダウンし表示された項目の、左部にある円形の図の「□」をドラックして陰影などを調節したり、陰影のカラーの設定を行い、OKボタンをクリックする。

 

▲クリックすると画像拡大

 

 陰影のカラー参考色 

#331815

ダークブラウン dark brown
CMYK:70.85.85.63
RGB:51.24.21

#FFA84F

ホワイトチョコレート white chocolate
CMYK:0.45.71.0
RGB:255.168.79

#E6ABAB

イチゴチョコレート strawberry chocolate
CMYK:12.42.25.0
RGB:230.171.171

#819B2E

抹茶チョコレート matcha chocolate
CMYK:58.31.98.0
RGB:129.155.46

 

 14. 
長方形ツールを選択し、「13.」のオブジェクトの上でドラックし、「13.」のオブジェクトより少し大きめの長方形(「32㎜(91pt)」、高さを「21㎜(60pt)」)を作成し、バランスよく配置する。

 

▲クリックすると画像拡大

 

 15. 
塗りを「3.で設定した色と同じ色」、線を「なし」に設定する。

 

 

▲クリックすると画像拡大

 

 16. 
最前面にある長方形を選択し、 オブジェクト > 重ね順 > 最背面へ などを使って、一番後ろに配置すると凸の部分が上に配置され、1欠片の完成。

 

 

▲クリックすると画像拡大

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA