梅の花【Illustrator 和素材】


さぁ、はじめよう!!

印刷物やWeb用にデザインを作成するときの「アイテム」のひとつとして、イラストや写真などの「素材」がさまざまな場面で活用されています。

インターネットで検索してみると、無料で使える素材から高品質な素材までさまざまな素材がたくさん溢れており、それらの中から「自分のイメージ」に近い素材を探し出せれば、デザイン制作をする上で「時短」にもなります。

でも時には、自分の「イメージ通りのもの」が見つからないこともあります。そんな時には、少し手の込んだ作業にはなりますが、自分で素材をつくることで「オリジナル」のデザインをつくりだすことができるようになります。

そこで「ヒント」になるかもしれない、llustratorを使用した素材の描き方をご紹介していきます。

 

 SPARK-Aの制作環境      
OS:Windows 10 (Mac OS Sierra)
Illustrator バージョン:CC 2017

 

スポンサーリンク

Are you ready?

 

 梅の花の描き方      
年賀状や和テイスト、春らしいデザインに使える和柄素材。

 

 花弁      
 1. 
スターツールを選択し、アートボード上のどこでもいいので、クリックして「ダイアログボックス」を表示する。

※ スターツールがみつからない場合は、「長方形ツール」に隠れているので、「長方形ツール」の上で長押しすると、プルダウンされたメニューの中にある「スターツール」をクリックし選択する。

 

▲クリックすると画像拡大

 

 2. 
第1半径を「0㎜」、第2半径を「10㎜」、点の数を「5」に設定し、「OK」ボタンをクリック。

 第1半径 
星の中心から尖った先(外接円の半径)までの長さ。

 第2半径 
中心から内側の折り返したところ(内接円の半径)までの長さ。

 点の数 
頂点の数。この点の数が花弁の数になる。

▲クリックすると画像拡大

 

 3. 
「2.」のオブジェクトが選択されている状態で、「線パネル」を表示し、線幅を「20㎜」、角の形状を「ラウンド結合」に設定をする。

 

▲クリックすると画像拡大

 

 4. 
花形が逆さまに表示されているので、右クリック >変形 >回転(または オブジェクト >変形 >回転)で、回転ツールのダイアログボックスを表示し「180°」に反転させると花の形になる。

右クリック > 変形 > リフレクト(または オブジェクト >変形 >リフレクト)で、水平にチェック(⦿)を入れて、「OK」をクリックしても反転させることができる。

 

▲クリックすると画像拡大

 5. 
花弁の色(好みの色)を設定する。

※ 色の設定は、作業を行う前に設定しておくとイメージしやすいかも。

 

▲クリックすると画像拡大

 

 参考色 

#F2A0A1

紅梅色
CMYK 0.48.25.0
RGB 242.160.161

#FFFFFF

白 0.0.0.0
CMYK 0.48.25.0
RGB 255.255.255

#F5B2B2

ピンク
CMYK 0.40.20.0
RGB 245.178.178

#D93448

唐紅花
CMYK 18.91.65.0
RGB 217.52.72

 

 おしべ      
 1. 
線幅を「0.5㎜」に設定してから、花の大きさに合わせて、適当な長さの線を「直線ツール」や「ペンツール」を使い描画する。

▲クリックすると画像拡大

 

 2. 
矢印を始点・終点共に「矢印21」、倍率を始点・終点共に「60%」(好みの数値)に設定する。

 

▲クリックすると画像拡大

 

 

 3. 
「 2.」 のパーツを選択し、回転ツールで「90°」「コピー」をクリックして、回転・複製する。

 

▲クリックすると画像拡大

 

 

 4. 
さらに「 2.」「 3.」のパーツを選択し、回転ツールで「45°」「コピー」をクリックして、回転・複製すると、おしべになる。

 

▲クリックすると画像拡大

 

 5. 
おしべの色を設定する。

▲クリックすると画像拡大

 

 参考色 

#C22047

紅色
CMYK 31.97.65.0
RGB 194.32.71

#FFFFFF

白 0.0.0.0
CMYK 0.48.25.0
RGB 255.255.255

#DAB300


CMYK 22.32.95.0
RGB 218.179.0

 

 梅の花      
花弁とおしべを重ね合わせる。

 1. 
それぞれのパーツの中心がどこか分かりやすいように、ショートカットキーの「Ctrl + Y」を使い、花弁とおしべのオブジェクトを一時的にアウトライン表示する。

▲クリックすると画像拡大

 

 2. 
「表示 > ポイントにスナップ」をクリックしチェック(✓)を入れてから、花弁のオブジェクトの上におしべのオブジェクトを重ね合わせ、中心を合わせて配置する。

▲クリックすると画像拡大

 

 3. 
再度ショートカットキーの「Ctrl + Y」を押して、一時的に表示していたアウトラインを解除すると、梅の花が完成する。

 

▲クリックすると画像拡大

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA