ねじり梅【Illustrator】


さぁ、はじめよう!!

印刷物やWebデザインを制作するときに、自分の思い描いたデザインに近づけるための「ヒント」になるかもしれない、llustratorを使用した和素材「ねじり梅の花」の描き方です。

 

SPARK-Aの制作環境

OS:Windows 10 (Mac OS Sierra)
Illustrator バージョン:CC 2017

 

 

 

 

Are you ready?

 

ねじり梅の花の描き方

各説明画像をクリックすると拡大します。(一部拡大しないものも有)

 

1

塗りを「赤(お好みの色)」、線を「なし」に設定する。

 

 

 

参考色

#F2A0A1

紅梅色
CMYK:0.48.25.0
RGB:242.160.161

#FFFFFF


CMYK:0.0.0.0
RGB:255.255.255

#E60033


CMYK:0.100.75.0
RGB:230.0.51

 

 

2

楕円形ツールを選択し、アートボード上のどこでもいいので、クリックして「ダイアログボックス」を表示する。

楕円形ツールがみつからない場合は、「長方形ツール」に隠れているので、「長方形ツール」の上で長押しすると、プルダウンされたメニューの中にある「楕円形ツール」をクリックし選択する。

▲クリックすると画像拡大

 

 

3

表示された楕円形ツールのダイアログボックスの各項目を指定し「OK」ボタンをクリック。

 

幅を = 60㎜ / 170pt
高さを = 60㎜ / 170pt

 

4

オブジェクトが選択されている状態で「回転ツール」を選択し、花弁の中心にしたい部分(円の下部にあるアンカー)の上で「Windows:Alt / Mac:Option」を押しながらクリック。

 

 

 

5

「回転」のダイアログボックスが表示されるので、角度を「72°」に設定し、「コピー」ボタンをクリック。

プレビューにチェック(✓)を入れておくと、回転させるオブジェクトの配置場所が確認できる。

 

 

 

6

パスファインダーパネルを表示し、オブジェクトをすべて選択した状態で「刈り込み」をクリックすると、前面のオブジェクトで背面のオブジェクトの重なっている部分が切り取られる。

 

 

 

7

オブジェクトは「グループ化」されているので解除し(オブジェクトをすべて選択し「Windows:Shift + Ctrl +G / Mac:Shift + ⌘ + G」、円のオブジェクトを「Delete」などで削除する。

 

 

 

8

 4  と  5  の作業を4回繰り返し行い、5枚の花弁をつくる。

5枚の花弁ができたら、オブジェクトをグループ化(オブジェクトをすべて選択し「Windows:Ctrl +G / Mac:⌘ + G」 しておくと、この後の作業でバラバラになる心配がない。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA